藤沢市遠藤 屋根葺き替え

飛ばされた面を全て葺き替え
雨仕舞をしっかりと。

藤沢市遠藤 屋根葺き替え

飛ばされた面を全て葺き替え
雨仕舞をしっかりと。

総工費 およそ82万円

    工事データ

  1. 所在地 藤沢市遠藤
  2. 建物種別 戸建て
  3. 内容 屋根葺き替え(リッジウェイ)
  4. 費用 およそ82万円
  5. 工期 5日

    お客様からの要望

  1. 台風により屋根が吹き飛ばされてしまった。

飛ばされた面をリッジウェイに葺き替え!

国内の台風による屋根や壁への被害は、毎年のように起きています。これらの対策には様々ありますが、近年は特に屋根材の進化に目を見張るものがあります。今回提案したのは「ファイバーグラスシングル リッジウェイ」。軽く耐久性が高く、防水・防風・耐衝撃性能に優れた屋根材になります。

特に軽さは重要で、建物の躯体にかかる負荷を軽減することが、住宅を長持ちさせるポイントでもあります。また、防風性能は標準仕様実験(風速38m/s)、強風仕様実験(風速46m/s)でも浮き剥がれの現象は起きなかった強さが実験で証明されています。

雨仕舞をしっかりとする。

素晴らしい屋根材、というだけでは安全な住宅とは言いきれません。防風性能や防水性能に加え「雨仕舞」をしっかりとする事が屋根リフォームでは重要です。「仕舞」とは建築用語で「細かい部分の仕組み」を意味します。

雨仕舞とは、屋根に降った雨が上手に外へ排出される仕組みを言います。特に台風などの風が強い日の場合、降った雨が自然に外へ流れずに風の力で留まってしまう事があります。それらを想定して、防水紙やシーリング・水切り金具などを組み合わせ、水を外に出す技術が重要になります。

これらの素晴らしい屋根材と雨仕舞の技術によって、台風などの特殊な日に限らず普段から建物自体への負荷を軽減し、雨漏りや水漏れを防ぎ、経年劣化を極力減らす事が大切です。安全で長持ちする住宅の第一歩が今回の屋根工事に詰まっています。

施工事例一覧へ

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい。