イイナスタイルの新築住宅
規格住宅という選択

新築住宅の分類解説

規格住宅という選択肢

家がほしい!と思った時、まずイメージするのは「フルオーダーの注文住宅」かと思います。それには一体幾らくらいかかるのか?土地はどうすれば良いのか?たくさんの「疑問」が湧き出ることでしょう。それは新築住宅に対して、漠然としたイメージを持っているからだと思います。
では実際に、新築住宅を手に入れようと考えた時、どのような種類があるのかをご説明します。

建売り住宅

建売り住宅とは「建てられた状態で売っている」住宅を指します。既に建てられた状態で販売されているので、内見も出来て生活のイメージがしやすいのが特徴です。「家を建てる」というより「ライフスタイルや好みに合った住居を探す」と言った方が良いでしょう。
メリットは「土地探し・工事」が不要なので、購入を決めれば即入居が可能な事、住宅内の設備等が流通しているサイズで統一されている事が多いため、新たに購入する生活用品のコストを抑えられる事などがあります。また、多くの注文住宅よりも販売価格が抑えられていることも魅力です。
デメリットは「ライフスタイルや好みに合致した家」を探すのが非常に大変な事。場所は良いけれど広さや家の雰囲気が家族に合わない、家は気に入ったけれど非常に不便な立地にあるなど、ぴったりの条件を探す事がなかなか難しい、という事がよく見られます。

フルオーダー 注文住宅

自由設計住宅とも呼ばれています。「外装も内装も間取りも全て、自分のこだわりに合わせて自由に作れる」ことが魅力です(もちろん、建築基準の範囲内ですが)。
メリットはもちろん理想の住宅を建てられること。理想とする住宅が既にある(友人宅や親戚宅など)なら、その家を実際に建てた工務店や設計士にお願いすることで、全く同じ家を建てる事も出来るでしょうし、自分のこだわりを存分に反映した家を建てられる事でしょう。
デメリットは高額になりやすい事と時間もかかりやすい事。理想を形にするわけですから、設計士や工務店との打ち合わせにかかる時間も多くなりますし、設備一つとっても選択肢は大量にあるので、全てをこだわって選んでいくと膨大な時間と手間、そしてコストがかかります。時間・手間・コストが最もかかる住宅、と言えるでしょう。

セミオーダー 注文住宅

注文住宅の中でも、主に設備等にある程度指定がある住宅を指します。家の外観やデザイン、間取り等は希望通りに設計出来ますが、キッチン・バスルームなどの特定の設備・仕様に指定があり、その中から選ぶ、というスタイルになります。
下記に説明する企画住宅より自由度が高く、フルオーダー注文住宅よりも自由度が低いです。また価格や工期も合わせて、両者のちょうど中間に位置するのがセミオーダー注文住宅です。

規格住宅

建物の「規格」が決まっている住宅です。間取りやデザイン、使用する設備などが決められているため、大幅なコストカットが出来る事が特徴です。 デメリットは注文住宅に比べると自由度が低い事です。複数のプランの中からベースとなる規格を決め、そこからオプションを選んで行く形になるので、そこからかけ離れたものを建てることは出来ません。
メリットは、予め建物の規格が決まっているのでコストや工期が抑えられる点です。また工務店や設計士もそのパターンを把握しているので、打ち合わせもスムーズに進む事もメリットです。また建売との違いは設備等選べる事と、ある程度は設計段階から打ち合わせ出来る事です。最も割安で建てられる注文住宅として、近年のハウスメーカーの多くが活用し、規格の種類も増えてきた事も魅力です。

イイナスタイルが薦める
湘南に適した規格住宅

イイナスタイルは、湘南エリアの地域性・気候、または行政サービス等も含めて勘案した、10種の規格住宅をご用意しました。

イイナスタイルのプランと価格

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい。