外壁・屋根のリフォーム

イイナスタイルが得意とする。
外壁・屋根のリフォーム

外壁と屋根のリフォーム

イイナスタイルが得意としている外壁や屋根のリフォーム。塩害や大風などの天候要因による劣化や損傷など、湘南エリアに多く見られる様々な問題をフォローするのがイイナスタイルの役目です。特に外壁と屋根は、そういった問題の矢面に立つ部分。どうやって耐久力を上げ、長持ちする住宅にしていくのか、イイナスタイルが提案します。

外壁と屋根の イメージ

外壁と屋根の耐用年数

外壁 塗装 8年~20年 モルタル素材 30年 サイディング素材 40年
屋根 トタン屋根 10年~20年 ガルバリウム鋼板・
スレート屋根 20年~30年
アスファルトシングル
20年~30年
セメント系瓦 30年~40年

耐用年数とは「使用に耐えうる年数」の事です。外壁や屋根は屋外にあるものですから、昔から頑丈な素材が選ばれてきました。
外壁でメジャーだったものはモルタルです。しかし近年は「窯業系サイディング」のシェアがトップになっています。
屋根で多いものは「ガルバリウム鋼板」や「スレート屋根(コロニアル・カラベスト)」、また「瓦屋根」になります。
これらは丈夫な事はもちろん、軽い、風に強い、塩に弱い、メンテナンス頻度など、相対的ではありますがそれぞれの特徴があります。これらの評価を考慮しつつ、立地条件に合致したものを選ぶ事が大切です。
また、外壁にも屋根にも経年劣化は必ず起こります。経年劣化の主な原因は風雨、太陽からの紫外線や熱です。また塗料の耐用年数超過などが目に見えてわかりやすいものになります。

経年劣化以外の要因

経年劣化以外に、外壁や屋根の損傷・劣化の要因は様々なものがあります。中でも特に湘南エリアで起こりやすい要因に、塩害があります。特に海岸線から250mくらいの距離にある住宅は、その被害を大きく受けます。屋根で言えば、高い耐久性を持つガルバリウム鋼板でも赤錆等で穴が空いてしまいます。海岸線から数百m離れれば、だいぶマシになりますが、それでも大風や台風などで塩が到達することは少なくありません。また塩害は屋根や外壁だけでなく、車・洗濯物・庭に置いた机や椅子・物置などにも影響が出る事も忘れてはいけません。
その他の要因には、台風・大風によって吹き飛ばされた物で屋根や外壁が損傷したり、また地震などによって外壁にひび割れが起きたりと、大型の自然災害によるものがあります。

洗浄?塗装?サイディング?葺き替え?

もし上述のような要因で、外壁や屋根に損傷や劣化が見られた場合は即リフォームが必要になります。風雨等から家族を守っている部位が目に見えて損傷しているという事は非常に危険です。そのままにしておくと、雨風や太陽熱によって一層損傷が進んでしまうからです。まずは「点検・診断」をしましょう。
損傷度合いや損傷部近辺のちょっとした不具合、素材や形状を確認した上で、最適な修繕方法をイイナスタイルが見つけます。洗浄で済むのか、塗装をし直すのか、サイディングを張り替えるのか等々、様々な種類・方法があるので、ベストな選択を提案致します。
本来おすすめしたいのは、3年~5年に一度の「定期点検」です。屋根や外壁、ひいては住宅を長持ちさせる為に、最も効率が良い方法が定期メンテナンスだからです。屋根であれば、釘のゆるみや継ぎ目のコーキングなどを点検し、問題が見つかれば洗浄や修復の提案をします。

外壁と屋根のリフォーム施工事例

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい。